オートンイクシード

オートンイクシード

塗料だけにこだわっていませんか?

最近ではシリコン塗料を上回る高耐久塗料などの機能性の高い塗料が一般的になりつつあります。
耐久年数で言うと15年以上もつものも珍しくありません。塗料は進化しつつあり、今後も発展を続けていくと思いますが、そんな状況にコーキング工事(シーリング)の現状はどうでしょうか。
そもそも、そこまで細かい知識を持っている業者が少ないという現状もありますが、塗料の進化に伴いシーリングの性能も高耐久のものに変化させていく必要が出てきました。
そこで、今回ご紹介させていただくのが長期耐久型ハイクオリティーシーリング材です。
これまでのコーキングの耐久年数は3~5年程度でしたが、オートンイクシードは20~30年と高い耐久性を発揮します!

耐久性を考えるなら
コーキング材にもこだわりましょう

耐久性を考えるならコーキング材にもこだわりましょう

外壁塗装工事にはとても塗装以外にも大切な工程があるのをご存知ですか?
本当の意味で建物を雨風から守るために地味ではあるが「大切な仕事」
それがコーキング工事(シーリング)です。
コーキングとは、外壁材のジョイント部分に見られるゴム製の目地材です。
コーキングの役割は地震による外壁の動きに対応してその力を逃す役目と防水性と気密性を保つ役目を果たしています。

シーリング材の特徴

時間が経つと硬くなります

時間が経つと硬くなります

一般的なシーリング材には、柔らかく形を変えやすい「可塑剤」が入っています。
これは、作業性を向上させる目的であり、可塑剤の多いシーリングは歳月が経つにつれ硬くなります。
ゴムが硬くなるのは致命的で切れや劣化の発生を促進させます。
時間が経った輪ゴムが簡単に切れたりするのと同じ理屈です!

シーリング材によって
耐久性が違います

シーリング材によって耐久性が違います

耐久性とは、伸縮を繰り返す外壁材に対する追随性のことです。
シーリング材の耐久性はJIS(日本工業規格)によって区分されています。
数値が高いほど高耐久性です。
シーリング材によってこの数値は違うので、注意が必要です!

シーリング材の
質が悪いと・・・

シーリング材の質が悪いと・・・
外壁とコーキングの間から雨風害虫などが入ってくる恐れがあります。

コーキング材の界面剥離

コーキング材の界面剥離

防水上の問題あり。
【最も発生頻度が高いトラブル】
原因:プライマーの塗り忘れ、塗りむら
(プライマーとはシーリングを充填する前に塗り、接着性を向上させるものです。)

シーリング材の亀裂・破断

シーリング材の亀裂・破断

防水上の問題あり。
原因:耐久性の低いシーリング材を使用したため

コーキングの施工手順

1. 古いコーキング材を剥がします

古いコーキング材を剥がします

2. コーキングプライマーを塗布します

コーキングプライマーを塗布します

3. ならして養生を剥がします

ならして養生を剥がします

オートンイクシード
について

オートンイクシード
オートンイクシード
オートンイクシード

厳しい環境をクリアする
『技術』超-長期耐久性とは

オートンイクシード

耐久性・耐候性の限界に挑む。新規開発『LSポリマー』の実力 新開発『LSポリマー』の誕生により、
経年で流出する可塑剤を配合せずに優れた柔軟性を実現。経年による硬質化を防ぎ「柔らかさを長時間維持」

性能のまとめ
『性能マトリックス』

「耐久性」と「耐候性」が高い位置で両立していることがマトリックスから一目瞭然です。

オートンイクシード
オートンイクシード

注目の技術
『汚れ防止機能』搭載!

オートンイクシード

オートンイクシードは新技術の汚れ防止成分『CRオリゴマー』配合により、
シーリング材にありがちな硬化初期のベタツキを軽減し、シーリング材への汚れの付着を大幅に抑えることに成功しました。
大切なお住まいの外装材の一部として、美観にもしっかりこだわります。

お客様の声

施工事例

地域密着施工!ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 雨漏り診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics